自分の好きを考えてみた。

お久しぶりです、そろそろPV数うなぎ登りを越えてリピーターさんだけが
残ったかな?と思い、記事をUPする陰湿なわたしです。
どうせならわたしのブログを気に入って、よく見に来てくれる人に
新しい記事を見てほしいのです。

ならなんでPV数上げたの?と言われそうですが…まぁ、大人の事情と
言うやつなんで大目にみてください。



f:id:ykpon1120:20171216093902j:plain


久々に雑誌を買いました。
雑誌をほとんど買わなくなった今でもときたま買ってしまうFUDGE。
毎年恒例のパリとロンドンのSNAP号だったので買っちゃったw

見てみて、あ!やっぱりこの世界観が好きだな、って思ったわけで…
よくよく考えてみるとわたしの好きな物って海外カルチャーと言うか
海外のエッセンスが含まれている物が多いんですよね。


音楽も映画もそうだし、好きで読んでいるシリーズ物も海外作家さんの物。
化粧品は今は国産が多いけど、昔はMACばかり使っていました。
財布も化粧品ポーチも海外ブランドだし。
(ホワイトハウスコックスとマリメッコ)

ファッションもそう。
パリとかロンドンの人達って自分に似合う服が100%わかってるから
本当にお洒落なんですよね、しかも無理してない等身大のお洒落。
時々、自分が何を目指しているのか見失いそうになるけれど…
自分の好きのルーツはちゃんとそれを教えてくれる。


音楽や映画もそう、映画じゃないけどSATCを見たときはカルチャー
ショックでしたねwこんなに面白いドラマが海外にはあるんだ!って。
音楽は更にそれの上をいって…周りの子があゆやオレンジレンジ辺りを
聞いている時にわたしはTLCデスチャ(ビヨンセ)辺りを聞いてました。

周りと違う物を好んで生きてきたので、時には白い目で見られることも
多々ありましたが、自分の好きな物を否定するのは自分を否定するのと
同じだと思う、それを貫いてきたからこそ今の自分があります。


私達は本来ならもっと自由であっていいはずなのに、それを凌駕する程の
情報と流行に呑まれて自己主張がしにくい世の中になってしまっている
気がします。

わたしも大人なんで考えなしに生きるつもりもないし常識やマナーは
大事だと思うけれど、それ以上に自分自身のアイデンティティーが
大切なんですよね。


なんか、話がまた逸れてしまったけれどw
たぶん当分はトラックバックしないのでまたPV数は通常通りに戻るでしょう。

わたしが出来ることはたかが知れているけれど、今まで通り自分の好きを
ブログで綴っていって共感してくれる人がいたら嬉しいな。