たった1つ、持っていけるなら。

大人になると自分はどんな事が得意でどんな事が不得意なのか?
何が好きで何が嫌いなのか?わかってくるもの…

それらが簡単に見つかる人もいるし、見つからない人もいる。
わたしはどちらかと言うと前者のタイプで若いときからわたし、と言ったら
これ!という事があります。


それは『化粧品や美容に関する知識』です。
化粧品の販売経験もあるので、肌のメカニズムや手入れ方法に関する知識は
おそらく一般女性よりあるかと思います。



話しは少し変わって…

昨日、ポチったヴェレダのホワイトバーチオイルが来たので早速
使ってみたんですが…これがなかなかよくて!
スリミング効果は1回のみの使用なんでまだわかりませんが、すごく
使いやすいオイルで香りもさすがヴェレダ、天然香料で嫌味が全くない。

やっぱり美容に関する事は単純にテンション上がるしお気に入りになりそうな
アイテムを見つけた時はHappyになるし、本当に好きなんだなと改めて思う。

若いときはやれカラコンだ~つけまだ~色々やってましたw
今は引き算する事を覚え、引いた分はライフスタイルやメンタルケアへの
好奇心に変わり自分のメンタルと見た目の密接な繋がりを感じています。

だからこそ、ラベンダーラベンダーとか言ってるし、ほったらかしていた
セルライトケアに取り組んだり、メイク品よりもそういったケアアイテムに
お金をかけるようになりました。


ただ…もし、死ぬときに1つだけ持っていけるなら…
わたしはたぶん口紅を選ぶと思う。
若いときはコンプレックスだったたらこ唇、ベージュで塗りつぶして
存在感を消すことしか考えていなかったけれど…



f:id:ykpon1120:20180314184244j:plain



今は赤リップを使うようになってそれなりに存在感を出していますw
それは、たぶん長いことコンプレックスだった事を受け入れられるように
なってきたからなんだろうな。


結局、自分は自分で誰かになんてなれはしないから。
だったら、自分が持っているものを生かして自分自身を磨いた方が
キレイの近道なんだろうな、と思う。

今年の誕生日はこれがわたしの1本と言えるようなぴったりの赤リップを
色々探して自分にプレゼントしようかな、と思います。