飛躍への分岐点。

飛躍への分岐点、というのはわたしの中では未来の行方を左右する
選択をする場面、という風に思っています。



f:id:ykpon1120:20180411065158j:plain


今まさに…先週からパンドラの箱をぶちまけたかのような不運や嫌な事が続き
メンタルブレイクしてしまったので、昨日はシアターPONで確実に泣ける
映画2本を鑑賞してきましたw(DVD借りてきただけなんだけどw)


久々に嗚咽でるぐらい号泣したわw
泣くのってやっぱりデトックス効果ありますねww


先週末、清水から飛び降りる選択をしたんですが、その選択を
するにあたってこれから先の事も視野に入れて選択しなくてはいけなくて…

それが今回わたしにとっての『飛躍への分岐点』だったな、と。

未来は決められたものではないのだ

(わたし、本当にX-MENから影響を受けてるよなw)

生きるのって辛いよな、ってつくづく思う。

頑張らなきゃとか、しっかりしなきゃ、とか
生きていれさえいればどこかに希望はある、って思いながら
生きているけれど、そう思えない時だってある。


周りを冷静に見回した時、あるのは希望じゃなくて絶望しかないから。

過去に戻れるならすべて、記憶さえ失ってもいいのにな。
わたしがわたしでなくなっても戻れるなら。

全部、失ってもいい。


普段はこういうこと書かないようにしているんですが
わたしの裏側の世界は本当はそんな感じなんですよね。
常に深淵の中にいる、過去に縛られている。


でも、書いたら少しすっきりしました。

皆さん、こんな愚でもないblogを見に来てくれてありがとうございます。
ほぼ毎日見に来てくれている方もいらっしゃるみたいで最近は更新が
滞っているから本当に申し訳ないです、すみません。

まぁー腐っていても仕方ないのでとりあえず目の前にある事に集中して
前に進んでいかなくては。。